• オンラインカタログ
  • 今月のイベント情報
  • 着物教室のご案内
  • 店舗紹介
  • よくある質問
  • リンク
オンラインカタログ各地の伝統工芸品 > 伝統工芸士白川貞夫作 百五拾亀甲絣(d-159)

<12>各地の伝統工芸品

伝統工芸士白川貞夫作 百五拾亀甲絣(d-159)

日本で最も豪雪地帯で知られる、越後入広瀬村で、よりすぐられた織女によって、高機(たかはた)織機で1ヶ月有余をかけ、一反毎に丁寧に手織りされた、心のこもった逸品です。

シャリ感のあるさらりとした生地は、150亀甲の大変細かな絣が規則正しく織り上げられており、150亀甲絣の魅力を存分に堪能いただける一品となっています。