• オンラインカタログ
  • 今月のイベント情報
  • 着物教室のご案内
  • 店舗紹介
  • よくある質問
  • リンク
オンラインカタログ各地の伝統工芸品 > 伝統工芸士長岡正幸作 からむし八寸帯(d-123)

<12>各地の伝統工芸品

伝統工芸士長岡正幸作 からむし八寸帯(d-123)

からむし織は約600年も昔から、純粋かつ高品質の原麻が厳しい管理により、代々受け継がれてきました。
現在、生産と苧引きの技術が国選定保存技術に、又からむし織は福島県指定重要無形文化財として認定され、確かさと豊かさが認められた、幻の繊維・織物です。
からむしは通気性、吸湿性、肌触りが共に優れたとても強い繊維であり、肌の気化熱を奪う特異な織物は「正に氷を纏った様な涼しさ」と評されています。
他の繊維では、得られない軽さと風合いは、こうした特徴と共に、高温多湿の日本の夏には欠かせない素材と言えます。