• オンラインカタログ
  • 今月のイベント情報
  • 着物教室のご案内
  • 店舗紹介
  • よくある質問
  • リンク
オンラインカタログ各地の伝統工芸品 > 紬 織の着物 > 花織 > 読谷山花織 着尺(d-46)

<12>各地の伝統工芸品

読谷山花織 着尺(d-46)

「濃緑色地、福地正美作、花織、着物」

沖縄の読谷山村で織られる花織着物です。

読谷山村はかつて東南アジアの国々と直接交易を行っていたので他の花織と比べ南方色の強いのが特徴で、刺繍のように浮き出た織が花のように美しい事から花織と呼ばれています。

一時は衰退し幻の着物となっていましたが昭和39年に復元され後に国の重要無形文化財に指定されました。

その特有の美しさと希少価値から着物愛好者の憧れの着物になっています。