• オンラインカタログ
  • 今月のイベント情報
  • 着物教室のご案内
  • 店舗紹介
  • よくある質問
  • リンク
オンラインカタログ各地の伝統工芸品 > 経済産業大臣指定 弓浜絣 九寸名古屋帯(d-23)

<12>各地の伝統工芸品

経済産業大臣指定 弓浜絣 九寸名古屋帯(d-23)

「藍色、絣、名古屋帯」

鳥取県の弓浜地方で絣が織られ始めたのが江戸後期の1804年〜1818年。伊予から絣の技術が伝わってからという事。

1600年代から農民が手紡ぎした綿布を織っていたが絣の技法が取り入れられて絣として織られ始めたのはそれから200年ほど先の話。

綿特有のふっくらとした地風、美しい藍色、精密な絣柄は着物愛好者にとって魅力的な木綿織物です。